靜心 shizugokoro

トップ    特集・レシピ    細川亜衣のレシピ帖⑥蒸し豆

細川亜衣のレシピ帖⑥

蒸し豆

この食材や調味料はどの料理につかうの?
静心オンラインショップの商品を使った細川亜衣さんのレシピを紹介します。

「蒸し豆」 

好みの豆(小豆以外)

豆は洗って器に入れる。
たっぷりかぶるくらいの熱湯を注ぎ、粗熱が取れるまでおく。
ややふくらんだら、豆にたっぷりと水がかぶっていることを確かめ、豆が顔を出しているようなら熱湯を足す。
蒸気の立った蒸し器に入れ、強火で40-60分ほど、豆が芯まで柔らかくなるまで蒸す。

*豆は熱湯で戻してから蒸すことで、皮がやぶれず、ふっくらと火が通り、また汁に豆の味や香りが逃げすぎることなくとてもおいしくなる。鍋に入れて150℃のオーブンで蒸し煮にしてもよい。

「豆のサラダ」

蒸し豆(種類は何でもよい)
赤玉ねぎ
LOG いちじく酢
オリーブ油
釜だき塩 坊津の華

蒸し豆は、ゆで汁をざっと切る。
赤玉ねぎは薄切りにし、冷水にさらしてから水気をしっかりと切る。
器に蒸し豆と赤玉ねぎを盛り、いちじく酢、オリーブ油、粗塩であえる。

*トマトや蒸し鶏などを加えてもおいしい。

「豆のスープ」

蒸し豆とその蒸し汁(今回は白大豆)
釜だき塩 坊津の華
堀内製油 地あぶら

蒸し豆とその蒸し汁(今回は白大豆)を中火で熱々になるまで熱する。
塩で味をととのえて、温めた器に盛り、じあぶらをほんの数滴たらす。

*じあぶら(菜種油)はとても香りが強く、入れすぎると豆の香りを覆ってしまうので注意する。ほんの少し入れることでお互いの香りを引き立てる。

 

 

このレシピで使われている商品

PHOTO:尾込 真貴子

2022.01.17